ランドセルガイド.com

お子さんやお孫さんに牛革ランドセルのプレゼントしよう

購入前に理解しておきたいこと

女の子

ランドセルの選び方

このページでは、女の子にプレゼントするためのランドセルを選ぶ時のポイントについて紹介しています。また、ランドセルが壊れてしまった時の修理依頼の流れについてもまとめてみたので、気になる人は読んでみてくださいね。

READ MORE

ランドセルの基本情報

小学生

撥水性のある牛革ランドセル

牛革ランドセルは水に弱い製品です。牛革が水に濡れてしまうと、シワや色落ち、型崩れの原因になってしまいます。
最近では、牛革そのものに撥水加工が施されたものもあります。手入れが楽なのでオススメです。

雨で濡れてしまった場合

牛革ランドセルが雨で濡れてしまった場合は、できるだけ早く乾いた柔らかい布で水気を拭き取りましょう。
十分に水気が拭き取れたら、日の当たらない場所で自然乾燥させましょう。ドライヤーや日向で急激に乾燥させてしまうと、ひび割れの原因になるので注意した方がいいですよ。

クリームで保護しよう

牛革のランドセルは、使えば使うほど色味に味がでてきます。その味を出すためには、日々のお手入れが大切です。
1ヶ月に1回くらいのペースで良いので、ランドセルのクリームでで保護してあげましょう。専用のクリームを塗る時は、なるべくクリームを塗る用の布を使ったほうが、綺麗に塗ることができます。
たいていは、ランドセルを購入したお店で牛革用のクリームと布を購入することができますよ。

乾燥させよう

牛革は水分に弱いため、湿気の多い梅雨の時期は特に注意しなくてなりません。一度、雨などで濡れてしまったランドセルの内部は、湿気がこもりがちです。すると、ランドセルにカビが生えてしまうことがあります。カビが生えることを防ぐためには、梅雨の時期はランドセルの中に乾燥剤を1ついれておくといいでしょう。
また、濡れてしまった後は、ランドセルの中身をすべて出して、ランドセルを開けた状態で乾燥させるといいですよ。

[PR]

ランドセルなら女の子専用がベスト。
気分があがって成績がアップするかも!

もっとランドセルについて知ろう

ここまで、牛革ランドセルのお手入れ方法についてご説明しました。次は、牛革ランドセルのメリットについ学んでみましょう。きっと牛革ランドセルの良さがわかりますよ。また、口コミもまとめているので、参考にしてください。

牛革ランドセルのメリット

なんといっても丈夫

牛革のランドセルは、とにかく丈夫です。少し暗い乱暴に扱っても壊れることはないので、小学校の6年間を十分に使用することができますよ。
また多少の傷がついたくらいでも、その上から専用のクリームで保護すれば目立たなくすることができますよ。

ひとつひとつが手作り

牛革のランドセルは、ひとつひとつ職人の手縫いによって作成されています。生地と生地のつなぎ目がしっかりと縫われていので、体重の負荷が掛かる部分がほつれてしまうことは滅多にありません。

身体に馴染む

牛革のランドセルは使えば使うほど、ランドセルの形が使用者の体型に合ってきます。これは、人工革にはみられない特長です。成長の早い小学生の身体にも、上手くフィットしていくのでおすすめですよ。

風合いがある

牛革の色は、気温や湿度などで少しずつ変化していきます。そのため正しくお手入れすれば、使い込むほどに色味に風合いがでてきます。きっと飽きがこないですよ。

リメイクができる

小学校を卒業したら、牛革のランドセルをリメイクして、他の革製品に作り変えることができます。例えば、中学校から使うペンケースにしてみたり、高校から使用することの多い定期券入れにしてみたりなんでこともできます。

ランドセル選びの際にためになるQ&A

いつごろ購入すればいいですか

ランドセルの購入時期は、年々早くなってきています。その年の最新のランドセルは、だいたい5月頃から販売が始まるので、その時期に合わせて購入を検討し始めると良いですよ。

女の子にも革製ランドセルは人気ですか

最近の革製ランドセルは、色のバリエーションが増えているだけでなく、女の子向けの刺繍が施されているものもあるので人気がありますよ。女の子にはキャメルやピンクといった色が好まれる傾向にあります。

女の子には牛革ランドセルは重くない

牛革のランドセルは、革そのものに重さがあるため、人工革のランドセルに比べて重いのは事実です。しかし、その差は100gから200g程度です。学校に持っていくノートの重さが100gなので、それほど心配はいりませんよ。

カタログはもらえますか

ランドセルを販売している会社のホームページ上に、カタログを請求できる申込みフォームがありますよ。ランドセルのカタログは基本的に無料で貰えるので、興味がある人は頼んでみてくださいね。

本皮製品とはなんの革ですか

ランドセルにおける本革製品とは、基本的に牛革とコードバンという馬革を指します。コードバンはとても希少な革なので、牛革より少しお値段が高くなります。

広告募集中